オリンピックは誰のため?アスリートファースト、見学者の健康は?~2年後の今日、外で見ようと思いますか?走れると思いますか?~

2018年7月18日 14時54分 | カテゴリー: 活動報告

下の活動報告は、2013年の9月に書いたものです。
あの時からもう、夏の酷暑を指摘しました。
年々暑さが増して、酷くなっているように思います。

気象庁は「命にかかわる危険性の暑さ」と呼び掛けています。
愛知県では小学一年生がお亡くなりになりました。
心が痛みます。

この毎日の尋常ではない暑さを思うと
ますます2020年のオリンピック・パラリンピックは
大丈夫なのかと、心配が募るばかりです。

オリンピック・パラリンピックは、
「アスリートファースト」ではないのですか?
世界中から訪れ、オリンピックをみる方も
命がけになります。
それが「おもてなし」なんでしょうか。     

こんなに暑くて「命にかかわる」環境の中で
運動をしたり観戦をする状態を生み出すなど
まさに「危機管理」がなっていません!

もしもの時は、誰が責任を取るのでしょうか。
自己責任?
世界が注目をするオリンピック・パラリンピックです。
日本の良識が問われます。
時期の変更、または返上について、
ここできちんと考えるべきと思います。

 

 

 

重陽の節句に思う…オリンピックと福島第一原発…