板橋で2回目の福祉避難所 開設訓練 @徳丸福祉園

2018年1月25日 22時15分 | カテゴリー: 活動報告

福祉避難所(二次避難所)、ご存知ですか?
一般の避難所での避難は難しいと思われる
様々な障がいをお持ちの方や
介護が必要な高齢者などが避難できるもので
概ね「3日目から開設」することになる、とされている避難所です。
受け入れ手順としては、一般の指定避難所での避難生活が難しい方が
区と協定を結んでいる各福祉避難所へ紹介されます。
各福祉避難所は、その受け入れが可能か話し合ったうえで
受け入れがなされる、という手順となっています。

その福祉避難所の2回目の開設訓練が、
昨年11月に続いて、板橋区内の福祉園で行われました。
板橋区の危機管理室 地域防災支援課との協力で行われています。
前回は、宿泊を伴う高齢者施設だったのに対して
今回は通所施設(福祉園)という福祉避難所でも違う条件での訓練です。

設定に即して実際にやりとりをしてみることで
新たな気づきや学びが明らかになります。
やっぱり、まずはやってみることですね。

いろんな場面で「?」と、疑問に思うこともありましたが、
こうやって実際に訓練をするからこそ、疑問にも思えます。
わからないことや、疑問を今のうちにたくさん出して、気づき、
それらを解決していくことが、今できる最善の防災なのだと思います。

モデル通りにできているうちは、本当の大災害ではない
先日の集中して学んだ研修会での講師の言葉を思い出しました。

区役所の中も、危機管理室だけでなく、
各部署に様々な部門を担当する「班」があり、
その割り当てられている各役目を普段からしっかり理解し、
基本的な知識を頭に入れておくことが、とても大事です。
いざという時に、地域防災計画という「辞書」をひいているようでは
役にたたないですから。
(今日はそれはありませんでしたが)

区内の様々な施設で、1つでも多く取り組んで欲しいと思います。
今日は、ありがとうございました。