板橋区版 英語村(今年から開始)見学しました

2017年8月30日 16時10分 | カテゴリー: 活動報告

【コース2日目】

今年から「英語村」が始まりました。
どんなふうに行っているのか、とても関心があり、見学に伺いました。
「英語村」とは、一日中 英語だけ使って、英語を体験し学ぶというものです。
参加費は1回1000円。
小学生、中学生のコースがあり、また1日のみ、3日間のコースがあります。

私が見学に行ったのは、今シーズン最後の3日間のコースの
2日目と3日目です。

私も英語が得意という訳でなく、特にスピーチの必要性を特に感じています。
2日目、教室に入ってみるとまず驚いたのは、
机が並んでいる会場ではなく、床の上に車座になってグループごとに座り
楽しみながら(中にはいっぱいいっぱいのお子さんもいるかも知れませんが)
体当たりでお子さんたちが頑張っている様子が良くわかりました。

「shopping」の項目では、本物の海外のお金も。
カナダの紙幣はプラスチックで破れないし色もハッキリ!
お財布に入れても軽くて、お財布自体も小さくて済むなぁと思いながら
言葉だけでなく、海外の文化にも接した気持ちになりました。
まさに、ところ変われば、ですね。

先生の後を、久々に私も一緒に口ずさんだり。
一緒に行った同じ会派の南雲議員と、
いろいろ意見交換しながら、楽しく拝見してきました。

【コース3日目】

英語村3日目の見学。
ドアを開けるなり、前日よりも一段と輝く たくさんの顔が目に入りました。
動きも大きくなり、声も大きい。
凄いですね!
日々進化しているのを目の当たりにしたように思います!
前日心細そうにしていた生徒さんも、
しっかりとみんなに聞こえる声で、ペーパーを見ないで会話していました。
私も嬉しくなりました!
帰りの電車では、たまたま一緒になった参加者の生徒さんに
いろいろお話を伺えました。
参加できてよかったと、
そしていつか留学できたらと夢を語ってくださいました。

こんな3日間、または一日を3年間参加したら、
ずいぶん力が着くだろうし、自信にもつながるだろうなと思いました。
たくさんの方に参加してもらえたらと思います。
また、夏だけでなく、ほかの休みにも行えたらと思いました。

今年は、板橋区の教育委員会が、夏休みに5日間の海外派遣を始めました。
各中学校から1人ずつ23人の生徒さんがマレーシアに行き、
初めての今年は8月20日に出発、25日に帰国しました。


ツイッターでは、「板橋区中学生海外派遣」として、
その様子をツイートしています。

英語村に参加して自信をつけて、海外研修に参加できたら、
目標のできますし、ますます充実したものになるのではと期待します。