4、道徳の教科化と教科書採択について(第二回定例会 一般質問より)

2017年6月8日 00時19分 | カテゴリー: 活動報告

4、道徳の教科化と教科書採択について

 2018年度から「特別の教科 道徳」が始まります。

3月には、小学校の道徳の授業で使われる教科書の、初めての検定結果が公表されました。
「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもつ」という点が不足しているという指摘を受けて、
「パン屋を和菓子屋に」などと、教科書会社が修正し、検定を通ったとして、
多くの方が違和感を持ち、話題となりました。

道徳は内心に大きく関係するものです。
それが教科化され、言葉でとは言え、評価をされることになります。

この道徳に関し、どのような教科書があるのか、何種類くらいあって、
内容はどのようなものなのかなど、現在子どもを学校に通わせる保護者だけでなく、
広く区民に知っていただき、一緒に考え、意見を出してもらうことは、とても大事だと考えます。
そのためには、しっかりと周知をして呼びかけることが大事です。

そこでお伺いいたします。

①教科書採択に向けての、教科書展示の閲覧の予定と周知方法については、
どのようになっているのか、お答えください。

 

中教審の答申では「育成すべき資質・能力」を育てるための教科・道徳など、
すべての学校教育において、「主体的・対話的で深い学び」を重視しています。

道徳の授業の中だけでなく、学校生活のどの場面でも、どのような発言をするのか、
どのように身につけていることを実践するのか、態度に表しているのかも評価されるのでしょうか。
何をしていても常に評価につながるとしたら、本音を言いあったり、
その時の素直な気持ちを表わし、育てることは難しいと思います。

②また、人間の内心に関わる道徳を、客観的に公平に評価することを求められる
教師に対しても、前もって理解を深めるためのサポートが必要です。
教育委員会はどのよう考え進めるのでしょうか。