2017 こどもの日に思う

2017年5月5日 11時39分 | カテゴリー: 活動報告

「こどもの日」を前に総務省が4日まとめた人口推計(4月1日時点)によると、外国人を含む14歳以下の子どもの数は前年より17万人少ない1571万人で、36年連続の減少となった(毎日新聞より)、とのこと。

一方、ここ数年板橋区の人口は増え続け、子どもの人数も増えています。
今年4月1日現在の14歳以下は、6万1710人
1ヶ月で20人のプラスとなっています。

ちなみに、1年前の14歳以下は、6万1546人。
1年前に比べても、14歳以下の人口は増えています。

板橋区の総人口も、56万人を越えました。
その一方、世帯数は約30万1600世帯。
子どもの人数が増加しているということは、子育て世帯も多くあるわけですから、
単身世帯がどれだけ多いかがわかります。

人口減少社会と言われながらも、人口が増えている板橋区をはじめとする23区。
今すぐに、都市をたたむ政策は、早すぎます。
しかし、人口減少は必ずやってきます。
そこをどのように判断していくのか、そこがポイントだと思います。

子どもは、板橋の、そして日本の未来を担います。
予算もつけ、手も目もかけて、しっかりと育てていくことが大事だと考えます。

また、これだけ単身世帯が増えているということは、孤独死も課題となります。

子ども、若者、高齢者、さまざまな課題を見出し、考えていく必要があると思います。

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/083/083411.html

区全体の世帯数及び人口表(板橋区HPより)

平成29年5月1日
世帯数、人口 前月比 内外国人
世帯数 301,610 +1,615
人口 560,435 +1,626 23,432
276,494 +756 10,939
283,941 +870 12,493
年齢 人数 構成比
14歳以下 61,730 11.0%
15歳~64歳 370,245 66.1%
65歳以上 128,460 22.9%
単位は世帯数は世帯、人口は人割合を表す数値の単位未満は、四捨五入しています。