「性ビジネスから少女たちを守る」 ~児童相談所も含めて安心できる居場所を作る~

2017年1月11日 23時50分 | カテゴリー: 活動報告

15894459_1073629522746714_2390768037111101340_n全国フェミニスト議員連盟 パワーアップ講座に参加しました。
毎年、とても関心のある講師とお話で充実した講座で楽しみにしています。

今日の午前中は、仁藤夢乃さんによる
「性ビジネスから少女たちを守る」と題したお話。
少女にとって「衣食住」と「関係性」がいかに必要か、
当たり前の会話の大切
さなど、改めてその意味を実感しました。
ひとつひとつの事例がとても切実で、その形態もさまざま。
公的な支援の必要性と限界と、そしてColaboのような民間の支援の大切さを思いました。

私は昨年の夏、仁藤さんの主催するColaboによる「夜の街歩きツアー」にも参加し、
JKビジネスの実態も、実際に見てきました。
見てきたといっても、それはごく表面的なことでしかないのだろうけれど
それでも、驚くことが多く、ショックを受けました。
「お金のため」だとしても、なんのためのお金なのか、その裏にある真実、
少女たちが置かれている家庭事情や社会、そこに目を向けなければ、本当の解決にはなりません。

神楽坂で行われた「私たちは買われた」展も拝見しました。
そこに展示されていた少女たちの体験や思い、おとなの犠牲になりながらも懸命に生きている姿に
胸が痛み、言葉を失うととも、同時に目頭が熱くなりました。
会場の人たちも無言のまま、またハンカチで目頭を抑えながら見ている人が何人もいました。
女性だけでなく、男性、特に若い男性がたくさん来場していたことも驚きました。

東京・生活者ネットワークの政策を作るときにも、この「夜の街歩きツアー」の体験や「私たちは買われた展」を元に
少女を含む子どもたちが、夜を安心して過ごすことができる場所を作ることなどを
政策の中に取り入れています。
その一晩が、子どもたちの一生を左右することもあるのです。
単に取り締まって、自宅に返しても、そこに福祉が伴わなければ、根本の問題が解決しないままとなり、
同じことが繰り返され、大人に覚える不信感を 増大してしまうことにも なりかねません。

「お金が必要だ」と思うとき、それは修学旅行に行くお金が足りない、とか
兄弟の給食費を払うため、とか、上履きを買うお金を自分でなんとかしたい、とか
学校のイベントで着るお揃いのTシャツを買うお金がない、などなど
他人には言えない理由が、本当はそこにあるのです。
そして、家族からのDV、その他さまざまな理由で、自宅にも学校にも居場所が無いなど
「衣食住」と「関係性」の欠如が、大きな要因となっています。

まさに社会の隙間に落ち込んでしまっているのです。

児童相談所は、これから都から自治体に移管される予定で
板橋区も検討を始めていますが、児童相談所や一時保護の課題がほんとうに大きい。

「児童相談所」という名のハコモノだけを作っても、何もなりません。
ほんとうに子どもたちのためになる、子どもたちを救うための、
安心して、避難できる居場所にしなければいけません。
しかし、現状は夕方5時には締まってしまい、ほんとうに必要とする時間には相談ができない、
取り締まり、管理するのが目的になってしまっている場所は、決して居場所とはなれません。
真に必要な、安心できる居場所としての児童相談所を造るために、何をどうしたらいいのか。

場所だけでなく、子どもたちに接する職員の基本的理解、
子どもたちに接するときに、どこを立ち位置にするのか、
職員も地に足を付いて取り組めるような仕事の待遇とすること、
0歳児から18歳までいる児童相談所で、もっとその年齢に応じた専門性を持つ職員を置く、など
これは、いま私が思っていることです。
そして、児童相談所を恐ろしい場所、怖い場所ではなく、未来を新たに掴む場所へとする必要があると思います。

その後、警視庁のスタッフから、JKビジネスの実態についての講話を聞きましたが、
警視庁の中でも、まだまだ認識が広がっていないようです。

今日 仁藤さんのお話を聞いて改めて思ったのは、
これは、少女たちだけの問題ではなく、社会の問題であるということ。
そして、背後には家庭の問題、社会の問題が、複雑に絡み合っていること。
単なる個人の問題ではなく、自分一人では問題解決はできないということです。
売防法もザルすぎる。
「少女たちは商品ではない。」と、声を大にして言いたい。

 

「私たちは『買われた』展」 ~たくさんの人に見て欲しい、一人でも多くの人に考えて欲しい~

仁藤夢乃さんと

仁藤夢乃さんと

15940333_1099265603532493_6711398318032434277_n15895184_1099523766840010_3781017374122906980_n15941312_1099265583532495_7875202712815280913_n