自分たちで生活に必要な仕組みを作る ~あやとり20周年~

2016年11月28日 10時35分 | カテゴリー: 活動報告

26日(土)午後はワーカーズコレクティブ 「あやとり」の創立20周年記念に参加致しました。
「ワーカーズコレクティブ」という雇われない働き方で始め、地域で雇用も生み出している「あやとり」
正式名は、「特定非営利活動法人アビリティクラブたすけあい板橋たすけあいワーカーズあやとり」と言います。
現在、徳丸のデポーいたばしの2階でデイサービスを、前野町で、子どもの定期利用保育を行っています。

先日、和光市にネウボラの視察に行きましたが、和光市の地域包括の仕組みには
高齢者だけでなく、子育ても、障がい者福祉も入っています。
あやとりでは、早くから高齢者だけでなく障がい者も受け入れ、
その後、子どもの一時預かり、そして定期利用の制度と、早くから始めていました。

26日はおめでたいこと続きで、午前中は、成増が丘小学校の60周年記念式典。
その後移動しての参加でしたので、開始には少し遅れましたが、丁度名前が呼ばれた時に到着。
到着したら会場外で「呼ばれた」と言われ、何がどう進んでいるかわからないまま中に入り
「こんにちは~」とご挨拶。
次の人のを聞いて、やっと状況を理解しましたが時既に遅し。
でも、みなさん温かく迎えて下さり、感謝でした。

祝賀会は、挨拶続きの堅苦しいものではなくて、
多田純也さんの太鼓や皿まわし、獅子舞など楽しくおめでたい出し物に
みなさん大喜びで拍手喝采でした。

久しぶりにお目にかかった方と話をしたり、みんなで歌ったり、
最後は「あやとり」のメンバーでの元気な歌に、日頃のチームワークの良さを感じました。
介護制度が変わり、いろいろな課題が出ても、このチームワークで乗り切って行くことでしょう。

20年は、という年月は本当に長いものです。
まだ 今のような介護制度がない時に、
「こんな仕組みがあったらいいね」と、自分達で仕組みを作り出しました。
いろいろこと、様々な試行錯誤があったことと思います。
自分達に足りないものを生み出す その力
これが、本当の市民の力なんだと思います。

20周年 15181411_1054537481338639_8725381355930175597_n15219396_1053871714738549_6981962762565177632_n15219426_1054537621338625_3216498834875553074_n15095532_1054537538005300_9201781222465380326_nおめでとうございます。