緊急時、議員はどうあるべきなのか? ~廣瀬克哉教授を迎えて~

2016年2月9日 19時58分 | カテゴリー: 活動報告

いよいよ 2016年第1回定例会に向けいての議案説明会

今日は目いっぱい予定が詰まっていて、いつもより30分早く始まりました。

そして引き続き、全員協議会。

 

午後は、「緊急時における議会のあり方検討【全体会】」

板橋区議会では昨年から部会を設置して12717277_837147446410978_7035435415508260819_n12717535_837147503077639_1772891472238441569_n12687807_837147479744308_2233429404189668369_n「緊急時の議会のあり方」を検討してきました。

今日は議員全体での勉強会。

講師は、法政大学法学部 廣瀬 克哉 教授にお願いできました。

 

私も検討会の中で、講師を誰にするかと言うときに

廣瀬先生を推薦させて頂きましたので、今日をとても楽しみにしていました。

 

1時間40分のお話は たいへん濃い内容で、

先生ご自身が東日本大震災後に深く関わられた

岩手県の陸前高田市の事例を元に、お話しくださいました。

 

今まで防災についてのさまざまな学びに参加し、

自分ではいろいろと考えていたつもりでしたが、

それこそ「想定外」のことが たくさん現実としてあり、

ショックや驚き、そして難しい課題を 改めて突きつけられたように感じました。

 

予算の議決が出来ていない時期の震災。

予算書などの書類もすべて流され、データのバックアップも直近のものはない中、

たまたま山側の議員の自宅で残された予算書。

補正予算ならまだ専決処分もありかと思えるものの、

予算執行の4月目前。予算の専決処分はやはり難しい。

議会事務局の職員も震災で亡くなり、議員も全員が無事とはならなかった…

 

そんな中で、どのようにするのか。

 

議会が動きすぎると、その対応で行政が動けない。

究極の選択が日々、一刻一刻と行われていたのだと感じた。

 

個人として、公人として、どちらの立場で行動するかも難しい局面も出てくる。

 

さまざまなことを考えさせられたひと時でした。

お忙しい中、ありがとうございました。