つながる!「戦争をさせない!板橋1000人委員会」 賛同人交流会

2016年2月8日 23時39分 | カテゴリー: 活動報告

2000万人署名バナー「戦争させない!板橋1000人委員会」賛同人交流会

思いを同じくする人が、つながりを作って協力していこうと

賛同者交流会を開催しました。

参加者の一人でもあるお菓子教室の先生の美味しいクッキーと、

フェアトレードの紅茶を頂きながらのひと時。

30名ほどの参加者が集まり、有意義な話し合いが行われました。

まず、最初は、昨年の6月から秋にかけての国会前の市民を中心とした行動の

ドキュメント映画 「民主主義ってなんだ」を観ました。(タイトル変更になっています。)

昨年の6月の中旬には、ネットでSEALDsの金曜日の国会前行動を知り、

その前から知っていた私は、どうしても応援したくて、一人SEALDsの集会に参加していました。

あの時に聞いた数々のスピーチが、あの時は声だけだったのが映像として映し出され、

懐かしくもあり、悔しくもあり。

あのスピーチ、コール、ポスターなどなど

若者たちが 0から作り上げたひとつ一つが新しく、素晴らしかった。

若者たちの頑張りに、改めて敬意をはらいました。

そして、今もなお進化し続けながら頑張っていることに、勇気をもらいます。

そんな若者たちのもつエネルギーを嬉しく思うと同時に、その反対にある安倍政権。

民主主義も立憲主義も関係なく、憲法無視、議会運営もやりたい放題、

公聴会にしても、私たち市民、有権者無視の、

まさに何でもありな安倍政権のこれまでの暴挙を思いました。

あの日、あの時、日本各地から平和を願って、たくさんの人が国会前に集まった。

二度と戦争なんてしたらいけない。 間違いは一度で十分。

子どもたちの未来を守る。

だから、SEALDs以外にも、既存の団体以外にティーンズソウル、ママの会、ミドルズ、オールズなど

さまざまな年代のグループができ、それぞれ活動しながら、また協力し合った。

学者の会もでき、国会前で民主主義とは、憲法とはを、辻説法で学んだ。

コールは激しく、そして、話を聞くときは静まり返っていた。

そして後ろまで聞こえているか、暗くはないかなど気遣う「愛」がそこにはあった。

若手弁護士の皆さんは「明日の自由を守る若手弁護士の会」を立ち上げ、

「憲法カフェ」を始め、日本のあちこちで今も開催されている。さまざまな人が立ち上がった。

30分の動画を見て、改めて思い返し、胸が熱くなった。

その後のワークショップは、地区ごとに3グループに分かれて

ワークショップ形式でデスカッションを行いました。

それぞれ自己紹介の後に、2000万人署名についての思い、

また実際活動してみての疑問、課題などを出し合いました。

板橋では9万人が目標数値となっています。とてつもない数字です。

   この人数の署名を集めるためには、どうしたらいいのか。
   何が必要なのか?
   どのようなことが効果的か?

などなど、意見交換し、最後にグループごとに発表し、全体の総括がありました。

私は常盤台から成増までの地域のグループ(8人)に入り、ファシリテーターを務めました。

ワークショップ形式自体、初めての方がほとんどのようでしたが

みなさんの意見を短時間でも出してもらうことができ、良かったです。

近くに思いを同じくする人がいることを知っただけでも、

これからの活動が心強く思われた方もいると思います。

ほかの方のご意見を聞いて、ヒントになったことも多いと思います。

まだまだ、この「2000万人署名」自体が知られていないなど、課題が多いのも事実ですが、

4月25日まで、一人でも多くの署名を頂けるよう、頑張りたいと思います

タイトルは「民主主義ってなんだ」に変わったそうです

タイトルは「民主主義ってなんだ」に変わったそうです

12647125_988987987848412_2169037765999813581_n12687815_988988047848406_5875591404454567709_n