2、熱中症対策

2015年11月26日 07時35分 | カテゴリー: 活動報告

今日はこの秋一番の寒さになるとの予報で、季節ハズれではありますが、

次は「熱中症対策」についての質問です。

この夏の電力需給は、ピーク時も「厳しい日ゼロ」でした。

夏にクーラーをつけることに罪悪感がある人がいますが、

暑い日はクーラーをつけることをためらわないで欲しいと思います。

 

高齢者の熱中症対策で一番の問題は「暑さを感じない」ことです。

70歳以上の高齢者人数、また70歳以上のひとり暮らしの高齢者は、

区内に何人いるのでしょうか? 高齢者のみ世帯はどうでしょうか?

 

今年は異常な暑さと言いながら、年々その暑さが酷くなっているように感じます。

残念ながら、この夏、区内の高齢の3姉妹が熱中症で亡くなりました。

その後、メール配信で熱中症の対策の呼びかけがあったり、

高齢者に電話で声かけをしていたようですが、それも限界があります。

民生委員さんも、暑い中回って声掛けをしていましたが、回りきれるものではありません。

 

昨年、環境省が立ち上げた熱中症予防声かけプロジェクトに、

板橋区も参加し、「うちわ」を作成し、高齢者に配布をしました。

私は昨年の決算総括質問で、暑さを感じられない方に、

暑い時に使うようにと「うちわ」を配布しても、効果はないと申し上げました。

「暑さを感じない人には、可視化で気づかせることが必要」と

申し上げ、自分で気づくことができるように

世田谷区の「熱中予防シート」を配布する取り組みを紹介し、

板橋区でも取り組むよう提案いたしました。

しかし、今年の取り組みは、ウェットティッシュの配布でした。

 

  都監察医務院の調査によると、熱中症の死亡者は

60歳以上が圧倒的に多くなっています。

また、エアコンがあっても使っていない人が、エアコンなしを上回っています。

また、熱中症で搬送された東京都の高齢者は、約4ヶ月で

4561人、1ヶ月約1100人、1日40人弱と、たいへん多くなっています。

 

「ウェットシート」のパッケージに、いくら注意するよう言葉を入れても、暑さを感じない人には

役には立ちません。

暑いと感じなくても、暑いんだと認識してクーラーをつけたり、風通しを良くしたり、

水分をとったりなどの対策をしなければ、熱中症を防ぐことはできません。 

板橋区では可視化で暑さを認識できる「熱中予防シート」検討したのでしょうか?  

お答えください。

  

生活困窮者を支援するNPO「自立生活サポートセンター・もやい」の 

稲葉剛(つよし)理事は

 熱中症で多くの死者がでる背景に「高齢者が孤立し、生活保護受給者が

地域に出づらい事情がある」 と指摘しています。

「生活困窮者はエアコンを設置しなかったり、電気代を気にして使わなかったりする。

夏に生活保護費を増やす夏期加算が必要だ」  と話しています。

 

高齢の女性単身者は、特に生活困窮に陥りやすくなっています。

もともとパートなど非正規での就労が多いため、給料は男性の2/3、

その分、年金の受け取りも少なくなります。

  

夏期加算を増やすことは難しいと聞いていますが、出かけやすい地域の居場所を増やしたり、

そういう居場所の周知をすることが大事になります。

区の施設だけでなく、コミュニティカフェなども、その受け皿になると思います。

外に出づらい状況があるからこそ、さまざまな場所があることを知っていただき、

その中から自分にあった場所を見つけて、涼んで欲しいと思います。

そのための取り組みや、周知を広げて欲しいと思いますが、いかがでしょうか?