平和のつどい2 ~中学生の発表~

2015年11月5日 20時45分 | カテゴリー: 活動報告

板橋には区立中学校は23校ありますが、
その各校から、広島・長崎へ各1名ずつ平和祈念式典に参加します。
日本の中でも、この平和教育の取り組みは、誇れるものと思っています。

2泊3日の旅で、生徒たちは平和学習をし、
広島・長崎の現地のボランティアさん、
そして日本各地から参加した生徒たちと交流します。

そこで学んだことを、毎年この「平和のつどい」で発表しています。
また参加者の感想文集が作られています。
学校でも学習発表会などで報告したりしています。

今日も、それぞれ各3班に分かれて発表がありましたが、
どの生徒さんも自分の担当をしっかりまとめ発表をしていました。

どうか、今回学び感じたことを周囲の人たちに伝えて欲しいと思います。

これから、選挙の投票も18歳からとなります。
安保法案が可決され、一番影響を受けるのが若い世代だと思います。

本当の平和は何か、
日々の生活の中から考え、二度と同じ過ちを繰り返さないよう
若い世代にも考えて欲しいと願います。

無関心が一番怖いこと。
どうか、平和に関心を持って欲しい。

広島のグループの発表より

長崎のグループの発表より

今年の長崎平和祈念式典で被爆者代表でスピーチをした谷口さん