2015年2月19日文教児童委員会議事録より (中央図書館について)

2015年11月3日 20時47分 | カテゴリー: 活動報告

「公園を削るのではなくて、公園の上に図書館を建てる」??? でも建物を建てたら、公園は狭くなりますよね?

◯五十嵐やす子

 じゃ質問させていただきます。
 まず、中央図書館ですけれども、今の場所で建て直しということしか考えていないんですけれども、今の建物は躯体がしっかりしているので、例えばリノベーションということで、いろいろやっていて、例えば世田谷でリノベーション進んでいますし、それから富山かな、体育館を区役所にしたところなんかもあるんですけれども、いろいろと今新しい方法がとられていて、そうすると躯体を残して、そのままリノベーションすると随分安く、そして今はエレベーターつかないって言っていますけれども、エレベーターもつけられるんじゃないかというような住民の方たちがそういうことまでも勉強を今しているみたいなんですけれども、その辺はどのようにお考えなんでしょうか。


中央図書館
 今、リノベーションというお話でございました。確かに躯体につきましては、耐震基準を満たしているところではございますが、このほかの配管設備等そこら辺につきましては、かなり老朽化が激しく、そのまま施設を使用するにはなじまない状態かというふうに考えてございます。
 また、高さにつきましても、今10メートル以上超えている部分ございます。そういった既存不適格物件を今後も建築を継続していくということも、区としては望ましくないのではないかというふうに考えているところでございます。


◯五十嵐やす子
 余り一つひとつ深くはきょうは触りませんけれども、そうしましたら、次にさっきも出ましたけれども、高島平のグランドデザインですけれども、高島平の図書館もあと何年かするとそれこそ古いということで、建て直しになると思うんですけれども、例えば中央図書館としての機能をそちらに持っていくとか、何かそういうような考えはどうなんでしょうか。


中央図書館
 今後建てかえが見込まれるところではございますが、高島平につきましては、高島平グランドデザインの中でまた特色ある図書館づくりをしていきたいなというふうに思っているところでございます。
 また、中央機能を一時的に移設するに当たりましては、また再整備が必要かと思ってございますので、やはり今回につきましては、1回の中央機能の移転で済ませたほうが一番よろしいのではないかというふうに考えているところでございます。


◯五十嵐やす子
 それから、今、中央図書館が常盤台にあるということで、例えば中央図書館前の花壇なんかも、全部地域の方がやってくださっていますよね。やっぱりそれだけ地域の方が大事に思ってやっているわけです。もし中央図書館じゃなくなっても地域図書館としてはやはり残してほしいというようなご希望も私も耳にしておりますし、その辺を例えば1キロしか動いていないともし言ったとしても、1キロ動くと結構大変ですよ。その辺をどのように地域の方々に説明していくのか。そこをちょっと伺いたいんですけれども。


中央図書館
 まず今回の検討結果の報告書をごらんになっていただき、パブリックコメントで意見を収集していこうと思ってございます。その中には、今後の図書館行政に対する区民の期待感もあるかと思いますので、そういったところもしんしゃくしながら、地域住民の方へも理解に努めてまいりたいというふうに考えているところでございます。


◯五十嵐やす子
 パブコメについてはきのうもありましたけれども、出てきたものに対して板橋区としての説明をするだけで、住民の方の意見を取り入れるということがないんじゃないかときのうの委員会の中での話もありましたけれども、そうはならないと考えていていいんですね。


中央図書館
 今回こういった提案につきまして、初めてお出しするものでございますので、区民の皆様がどういうようなお考えを持っているのかというのを収集していきたいと思っておりますので、取り込める意見につきましては、取り込んでいきたいというふうに思っているところでございます。


◯五十嵐やす子
 早速それで3月1日からパブコメが20日まであるということなんですけれども、3週間とはいえ、できれば私はふやしてほしいなというふうに思います、期間として。それから、3月6日に常盤台支部長会の会議で説明とありますけれども、これは常盤台支部の方だけでいいんでしょうか。ほかの人たちだって、例えばこっち側、東上線の反対側の人たちだって使っているし、それから前野町の方たちだって随分来ていて、常盤台の地域の方たちがやっているワークショップに前野町の方なんかも参加していらっしゃるんですよね。ですから、その辺を余り狭い範囲ではなくて、特に中央図書館ですから、もっと広く対象を広げたらどうかと思うんですけれども、いかがでしょうか。


中央図書館
 今一番近隣にということで常盤台支部という形でご提示させていただいたものでございますが、そのほか近隣につきましては、ちょっとこちらのほうでもどの程度まで周知したらいいのかということは考えさせていただきたいというふうに思います。


◯五十嵐やす子
 やはりその辺はすごく丁寧にしていくことが大事だと思います。それから板橋区の人口1人当たりに対する公園の面積も随分目標に対して低いんですよね。それがもっと低くなっていくということをどういうふうに考えるのか。そこも大事だと思うんですけれども、その辺、今ここにいらっしゃいませんけれども、みどりと公園課の意見とかもしっかりとこちらのほうにも伝えていただきたいと思うんですけれども、いかがでしょうか。


中央図書館
 基本的に公園を削るということではなくて、公園の上に図書館を立てるということではございますが、ただ1人当たりのそういうご心配もありますので、そういったご意見につきましては、所管課に伝えたいと思っております。


◯五十嵐やす子
 これからまた深く考えていくと思うんですけれども、しっかりと本当に区民の方たちワークショップわざわざ開いて、今まで中央図書館の中でもいろいろやっていると思うんですけれども、そういう姿勢を大事にしてほしいと思うんですよね。本当に今聞いていると中央図書館機能として、いろいろこう入れていって、私もこういうのができたら本当にいいだろうなとは思うんですけれども、だからといって、そこまでの道のりというか、場所を移すことも本当に大事だと思いますし、新しくできたほうは喜ぶとは思うんですけれども、なくなったところの喪失感、あそこを本当に隣に小学校があって、それで図書館があって、それで公園があってというような、やっぱりあそこの一体としての住民の方たちの思いというのは、本当に深いものがありますので、そこを大切にしてほしいと思います。


中央図書館
 地域住民の方からもいろいろ意見はいただいておりますので、そういった方たちに対しても、丁寧に説明を努めてまいりたいと思います。


◯委員長
 本件については、この程度でご了承願います。