元自衛官の現場の声を聞く1 ~泥憲和さん、井筒高雄さん講演会~

2015年9月23日 22時14分 | カテゴリー: 活動報告

20日、渋谷の伊藤塾で、泥憲和さんと井筒高雄さんの講演会がありました。

1か月前から楽しみにして、予約をしていました。

お二人とも、元自衛官です。

泥さんは、陸上自衛隊でホーク地対空ミサイル部隊、

井筒さんは24万人いる自衛隊の中で5000人しかいないと言われる

レンジャー隊に所属していました。

厳しい生の現場を体験した者にしか わからないお話を伺ってきました。

 

お二人のお話を聞いて共通して思うのは、戦争は綺麗事じゃない。
机の上の空論、ゲームじゃない。

人間の限界のところで、命のやり取りをする、それが戦争だということ。

亡くなってから美辞麗句で祭り上げられても、命は帰ってこない。

今まで以上に PTSDも増えるだろう。

自殺者も増えるだろう。

そんな自衛隊へのサポートを どうやって行くのか、

その自衛隊の家族を どうやって支えていくのか、

みんな 一人ひとり人間で、それが我が子であり、伴侶であり、

また親であり、友人だったりするのです。 

改めて戦争は大きな罪であり
悲しみ、苦しみしか生まないことを思いました。

そして自分は安全な所でいて、

若い命を そんなところに簡単に送り出そうとしている安倍内閣に

改めて心の底から怒りが湧きました。  つづく