必ず朝は来る! 安保法案が安保法制になった夜、そして始まりの始まり

2015年9月19日 12時27分 | カテゴリー: 活動報告

19日未明、参議院本会議で、ついに「安保法案」が「安保法制」に変わった。

国会の民主主義は崩れ去った。
立憲主義は葬り去られた。
平和主義は、詭弁な平和となった。

あまりにも滑稽なこの数ヵ月の国会審議。
特に、国会を延長されてからは、審議を尽くせば尽くすほどこの法案の不備、
欠陥、安全が担保されていないことへの不安が、ますます深まるばかりだった。
安倍総理の女性にだけ向けられるレベルの低いヤジや、
審議委員会以降の掟破りの議会運営は、同じ議会人の端くれとして嘆かわしいものだった。

昨日と今日で答弁がかわる、人によって答弁が変わる、など
まったく議論としての体をなしていない。

100時間話し合ったと言うけれど、答弁は猫の目のように変わり、
安倍総理は答弁に答えず持論を延々と繰り広げ、詭弁を繰り返し
安倍ワールドを繰り広げるだけ。
1日3億円とも言われる国会は単なる税金の無駄遣い、浪費状態。
これで理解しろと言われても、理解できるはずはないし、そもそも違憲。
このお金を、待ったなしの子ども政策、高齢者政策、そして苦しんでいる人を救済することに使って欲しかった。

採決だなどと言えない審議会でのあの事態。
公聴会はパフォーマンスでしかないことがよくわかった。

委員会の進行すら体をなさず、議事録も取れず、公聴会の報告もないままなどありえない。
その中で、与党に都合の良い、ご都合民主主義が繰り広げられる。

民主主義ってなんだ?!
数だけが民主主義ではない。
国会の中には真の民主主義は今ない。

本当に残念な結果であるが、不思議なことに私は思っていたより悲しく感じていない。
涙は17日の審議会での討論を見た時で十分!
立ち止まってはいられない。本当に大事なのはこれからだ。

今の私は、SEALDsや若者たちが撒いた種から
新しい民主主義が芽を出しているのを、
この目で見、肌で感じ、新しい始まりの始まりを感じている。

諦めない!
この国の路上に、今、小さな、けれどもしっかり根を下ろした光が、たくさん灯され
そして自分で光を放ち始めている。輝きを増し始めている。
始まりの始まりだ!

まさに、新たな日本の民主主義の息吹。

私の中には、微塵の絶望もない。
夜あけ前は一番暗いけど、必ず夜は明けて、朝は来るのを私たちは知っている。
これからが、一番大事!
この新たな民主主義、非暴力の戦いを、いかに拡げ次の選挙に繋げるのか。

次の選挙まではすでに1年を切っている。

真の民主主義、真の良識の府を取り戻そう!

法案成立したあと午前3時ごろの国会正門前。朝5時頃までコールは続いたそうだ。

18日国会前、大くの人々が時折雨の降る中、安保法案に反対して声をあげた

安保法案が採択されたあと、国会正面。SEALDsのコールは続き、福島みずほさん、山本太郎さん、蓮舫さん、福山哲郎さんなど報告&挨拶に。、すでに1年を切っている。