連続講座 憲法カフェ@ときわ台 報告 

2015年7月6日 20時13分 | カテゴリー: 活動報告

本日、「連続講座 憲法カフェ @ときわ台」を開催しました。

体調を崩して欠席なさった方も複数いらっしゃいましたが、

最初に用意していたイスも足りなくなり、雨の中みなさんご参加いただき、感謝でした。

講師の、明日の自由を守る若手弁護士の会の伊藤朝日太郎弁護士が

熱く熱く 2時間半語り、憲法を読み解いて下さいました!

個別的自衛権と集団的自衛権の具体的な事例や違い、

また「集団的自衛権」の今までの世界的な流れなど、とてもわかりやすくお話いただきました。

国際法上は、日本も集団的自衛権を行使できるが、日本が行使すると憲法に違反する。

そのことを、「集団的自衛権は合憲」という学者が反論に使う。

しかし、「タバコは20歳になったら吸えるが、自分の中でルールを作り、吸わないという選択ができる」

という喩えは、とてもわかりやすかったです。

また、尖閣諸島にアメリカが介入するということが、何を意味するのかという問題も、

アメリカと中国の対立となり、そうすると核保有国同士の対立になり

核のボタンを押す危険性が今よりも高まるという指摘に、ハッとしました。

また、ほんとうに「集団的自衛権は必要なのか?」ということを、ひとつひとつ丁寧に解説していただき、

頭の中でこんがらがっていたものを整理していただいたように思います。

 

今回は、半分以上の方が初めての参加の方でしたが

  ニュースで聞いても良くわからなかったけれど、やっと理解できました

との感想をいただくなど、

参加してくださった皆さんからも、質問やご意見もたくさん出て、充実した3時間半でした。

 

「憲法は難しいからわからない」とか、「私とは関係ない」という状態を変えたい、

関心があってもハードルが高く感じる人のハードルを低くしたい、

誰でも気軽に憲法って何?と聞ける環境を作りたい、

無関心を無くしたいという思いから「憲法カフェ」を始めました。

今回で3回目の憲法カフェ(これ以外に、街なか憲法カフェは2回開催しています。)

 

お任せ民主主義ではなく地域の関心を高めたい、地域の意識・知識を底上げしたい、

そして地域の平和意識を高め、地域から平和を実現していきたい。

今だからこそ、改めて強く強く思います。

 

本日の憲法カフェの様子を、参加者の方がツイキャス↓で上げてくださっています。

今までの集団的自衛権の歴史的な流れから、とてもわかりやすいです。

今日の2時間半のお話は、とても簡単な報告で済ませられる内容ではありません。

伊藤弁護士の渾身の解説、是非ご覧下さい。

  http://twitcasting.tv/rururu_mama/movie/181914791

  http://twitcasting.tv/rururu_mama/movie/181926223

伊藤朝日太郎 弁護士(明日の自由を守る若手弁護士の会)