戦争をさせない1000人委員会 アピールに参加!

2015年6月18日 00時04分 | カテゴリー: 活動報告

16日、17日は「戦争をさせない1000人委員会」のアピール活動に参加しました。

昨日は大山駅前、そして今日は池袋東口前でのアピールでした。

24日には「とめよう!戦争法案 集まろう!国会へ 6.24国会包囲行動」がありますが

そのアピール行動でした。

 

大山駅前には、各団体、また個人の方々が30人以上も集まり、

手に手に「戦争反対!」「憲法9条を守れ!」など、さまざまな平和へのアピールを持ちました。

署名活動、そしてチラシも手渡しました。

200枚用意したチラシは、あっという間になくなったようです。

近くで私の話を聞いてくださっていた方が私が話し終わると、署名をしてくださっていました。

「頑張って!」と、握手をしてくださった方も。

 

今日の池袋は、目の前を制服を来た学生さんたちも、たくさん通り過ぎて行きました。

でも、みなさん他人事のような感じで、ほとんどの方がチラシに見向きもしません。

しかし、一番影響を受けるのは、この年代の方たちのはずです。

自分たち(中3、高3)の個人情報が、各自治体で自衛隊に閲覧されています。

私は、そのような他人事と勘違いしている方たちに、呼びかけさせていただきました。

そして、無関心が一番の敵だと申し上げました。

先日、渋谷では、3500人の若者が平和へのアクション・デモがありました。

その中には、まだ投票権のないお子さんもいるのです。

その子どもたちの思いを代弁するのが、今を生きる私たち大人の責任です。

 

私たちだけが、この70年間、戦争のない平和な日本で生きて来られたら、

それで良いのでしょうか。

自分たちが幸せだった分も、この先も、この平和な日本を子どもたちに手渡してあげたい、

そう思うのが親心ではないでしょうか?

 

毎日、当たり前にしている一つ一つのこと、ご飯を食べて、学校に行き、または仕事に行き

夜の団欒、ぐっすり眠れること…しごく当たり前の 普通のことが 実は「平和」だからできていることです。

一度手放した平和は、いくらお金を積んでも、取り戻すことはできません。

 

かつて、日本はアメリカに 「Show the Flag」 と言われました。

政府は、時限立法としての「テロ対策特別措置法案」を立案し、可決。

物資の補給や輸送、非戦闘地域での医療活動などにおける自衛隊の後方支援で派兵がなされました。

しかし、その時も「憲法9条」があったから、最後の一線を守ることができたのです。

それが今、安倍総理は、見せろと言われていない日本の旗を、自分とは直接関係のない争いの中で掲げ、

その関係のない争いを買って出ようとしているのです。

 

戦争は嫌だと思ったら「NO!」と言いましょう!

思っているだけで、口に出さない、行動にしなければ、賛成していることと同じです。

  http://twitcasting.tv/fuyafuyaya/movie/177148181

    (本日の様子のツイキャス。 私は3人目のスピーチです)

 

関心ないように装うことはカッコ悪いことです。

自分の未来を他人に丸投げしていることは、カッコ良くありません。

日本の未来について、命について考えることに前向きなこと、

たとえば、チラシを読んだり、デモに参加することが、本当のカッコ良いこと!

これを当たり前にしていきましょう!