車イスで新南館へ

2015年5月14日 23時35分 | カテゴリー: 活動報告

控え室が急遽変わることになったので、書類の整理をしました。

お昼はまたまた、車イスでトライ!

ひとりでエレベーターに乗って、
北館10Fの控え室から、新南館1Fの食堂に行ってみました。

普段は低いところにあると感じるエレベーターのボタン、
これ以上、高い位置は困るなぁと感じました。
エレベーターを普通のボタンで呼んだら、方向を改めている間にあっという間に閉まりかけ
改めて車イスの方のボタンを押し直しました。
車イスの方のボタンを押した時の、開閉時間が長くかっていることを再認識しました。

また、車イスに乗って下がると、
重力がいつもと違うようで、気持ち悪い~と感じました。 (個人で違うのでしょうが)

1Fロビーのタイル張り、けっこうカタカタします。
これも、気持ち悪くなります。
(こんなに敏感だったかしら、私?と思ってしまいました。)

食堂には、定食のサンプルが置いてありますが、
近づかないと、お椀の中がよく見えないですね。
(金額、メニューは見えます)
立っている人には、丁度良い高さなのですが。

食券の販売機のお金をいれる場所は
ちゃんと届きました。

食堂には空いている時間帯を選んできましたが、
入り口で車イスで居やすい所を案内してくれ、
セルフサービスですが、今日は運んでくれました。
片付けも。
感謝。