ひとりひとりが可能性を持っていることを忘れないでね

2015年4月17日 09時52分 | カテゴリー: 活動報告

昨日は、私のふるさと、山形県酒田市立東部中学校の3年生のみなさんをお迎えいたしました。

私の母校飛鳥中学校と松山中学校が合併して、今年から東部中学校となりました。
その、最初の修学旅行で、東京で頑張っている先輩の話を聞くという目的で
私のところに来てくださることになりました。

選挙直前の一番慌ただしい時ですが、
私に「今」できることをさせていただこうと思い、お受けいたしました。

到着から、終わってバスに乗り込むまで40分という短時間。

11階の第一委員会室への移動でも、11回までのエレベーターに慣れていないお話を聞きました。

 

中学生のみなさんには、

  違いを恐れない、そして違いを認めること、
  一人一人、違う可能性を持っていること、
  それを信じ、失敗を恐れないこと、
  やり直しはいくらでもできること、
  そして、いろんなことにアンテナを立てて
  自分で情報を得ること、
  失敗、経験、その時の思いを大切にすること、
  いつかそれらが必ず益になること、
  引き出しをたくさん作ること、そして自分に自分で限界を作らない…

などなど、お話しをました。

朝5時10分に学校集合だったとのこと。
眠くならないように…と思いながら話しましたが、みなさん真剣な顔をしっかり向けて聞いて下さいました。

いじめや、いろんなことに悩んでいる生徒に
励ましのメッセージも込めたつもりです。

つたない話を聞いてくれて、ありがとう!

今日は、自分たちでアポイントメントをとった企業に班ごとに職場体験に行く予定とのこと。

楽しい修学旅行になりますように(^^)

東京を満喫してください。

でも、山形には東京にはない山形の素晴らしさがあります。

それを忘れないでね。