生活者ネットワークの議席は市民の議席です

2015年3月19日 23時58分 | カテゴリー: 活動報告

今朝はいつもより30分早く区役所へ。

今日は、第1回 定例会最終日。
最終日になって、大事な国民健康保険などの議案が提出された。
そして、それに対しての激変緩和となる
助成についての議案も共産党から提出。

所得が低く、お子さんがいる人、
例えば200万円で3人家族の方の国民健康保険が
一年で約2万円高くなる。これが恒常化する。
健康保険料が払えない人が今以上増えてしまうことはどうしても避けたい。

特に、子どもの貧困がますます増えてしまうのではと、心配になる。

2018年から国保などの広域化を考えての23区長会で決まったことだが、
今より金額が低くなる人もいるが、
低所得者が大きな影響を受けるのは何とかしたい。
所得に関係なく、消費税は上がっている。

それにしても、社会保障にあてると言いながら上げたら消費税、
いったい どこへ行ってしまったのやら…
どんどん低所得へしわ寄せが来ているのは
どういうこと?

4年前、初めて座ったのは一番前の席。
昨年から、会派を組み、

ここでの4年間があっと言う間に過ぎた。
本当に4年?
まだ1年くらいしか経っていないような、
はたまた内容が濃すぎて10年前だったような…

ここにまた戻り、区民の代理として
区議会、そして区政へ生活者の視点、意見を届けたい。

生活者ネットの議席は、区民の議席です。