一般質問 2、社会教育とその環境づくりについて(2月13日)

2015年2月16日 14時16分 | カテゴリー: 活動報告

 

① まず、お伺いいたします。区が考える「社会教育」とは、どんなものでしょうか?

 

② 次は、「学校教育の支援について」です。

4月には新南館がグランドオープンとなります。

2015年度の予算案の中でも力を入れているのが、新南館の中に新しく入る「教育支援センター」であり、「教育のICT化」です。

教育支援センターの説明には、

  ・教育支援センターが核となり、教員のICT活用指導力向上のための研究や、実践的な研修

   を行う

  ・教育支援センターでは、メディアセンターを設置し、ICT機器を活用した授業研究や授業教

   材の作成ができるスペースを整備する

とあります。

 

新教育センターは、教員だけのものなのでしょうか?

ほとんどの教員は、限られた時間帯での利用が主となると思います。

経験を積んだすばらしい教師であっても、ICT機器においては苦手という教師もいるはずです。

また、ICT機器を使いこなすことが、授業の目的になってしまう、そんな危険性も考えられます。

あくまでもICT機器は道具でしかなく、どのように使うかが大事です。

たとえば、大原社会教育会館では、パソコン教室がフル稼働し、卒業生が今度は教える側になっ

て、区民同士が教えあい、新河岸小学校でボランティアとして活動をしています。

今、板橋区は地域の資源を学校に入れていく方向で進んでいると理解しています。

先生が、一人で不慣れなICT機器を使いながら、クラス全体をみるのは、容易ではないと思いま

す。

またご家庭にパソコンがあり、使いたい時に使える環境にあるお子さんと、そうでないお子さんで

は、理解にも差が出るのではないでしょうか。

複数のサポーターがいて、複数の目で教師や子どもたちのサポートをする必要があります。

また、もし機器にトラブルがあった場合、教師が一人で対応しなければならないでは、授業が成り

立ちません。

授業の目的など、あらかじめ研修を受けた区民をサポーターとすることで、教師も臨機応変に対

応することが可能となります。

 せっかく待望の教育支援センターができるのですから、教員の研修だけではなく、広く区民にも

開き、社会教育の底上げをすることは、子どもたちの教育の理解者を増やすことにもなります。

それに対して、どのようにお考えでしょうか?

 

③ 「社会教育の展望について」お聞きします。

大原社会教育会館が支援しているNPOが、ESD(Education for Sustainable Development)

(持続可能な開発を実現するために発想し行動できる人材を育成し、場所・時間に縛られずに誰

もが参加できる生涯教育)において、世界的に注目を浴びていると聞いています。

そこに、社教が関わっていること自体が、すばらしいと考えています。

しかし、当の板橋区からの発信が あまり見受けられません。

区としての評価はどのようになっているのでしょうか?

また、ESDについて、どう考えているのでしょうか?

 

超高齢社会こそ「きょういく、きょうよう」(今日行く所がある、今日用事がある)が必要だと思います。

グリーンカレッジもありますが、「シニア」と世代を囲むのではなく、幅広い世代が繋がる、対象を限らない学びの場が大事です。

ESDと社会教育という観点から、今後の展望について、どのようにお考えになるでしょうか? お答え願います。

 

④ 次は、「少人数で自由に学び話し合える場について」お伺いします。

たとえば、PTAなどで30分でも集まる必要がある場合、場所がないというご意見がありました。

特に働いている保護者にとって、夜に短時間集まって話し合いをしようとすると、学校も使えず、

場所を探すのが大変だとのことです。

その他、地域の活動、サークルの話し合い等でも、椅子だけでなく、テーブルを囲み話し合いが

できる無料の場所がないのです。

集会所を予約したり、利用料金を払うほどの時間、利用するわけでもなく、しかし、ちょっとした話

し合いを重ねることが、さまざまな活動の中では必要です。

スクエアーあい、エコポリスセンターには、登録団体が自由に使えるテーブルがあります。しかし、

施設の目的にあわなければ、登録もできません。

成増社教、大原社教には、区民が自由に使用でき、お茶も飲めるテーブルがあります。

この他に、区民が自由に、土日、また夜も無料で使用できるテーブルは、どこにあるのかお教えください。

 

⑤ 区民が幅広く持続可能な社会を作っていくことに携わることは、大切です。

いわば、地域を耕すことで、人材を育て、発見し、様々なことに参加してもらうことになります。

そのためには、環境づくりが大切ですが、区としてはこの環境づくりをどのように考えているので

ょうか?

社会教育会館の数をさらに充実したり、施設の改修の際に空きスペースなどを開放し、自由に

使えるテーブルを置くことに対して、どう考えているか、今後の拡充についてお答えください。