ホタル館にひそむ闇 ~25年で10億円かけた事業の実態は…~

2015年1月20日 14時09分 | カテゴリー: 活動報告

区民環境委員会を 控え室で聞いています。

ホタル生体環境館のホタルのDNAは、西日本のホタルのものと!

福島のホタルということだったのでは?

だから、原発事故の後、福島にホタルを里帰りさせると、複数のメディアにも取り上げられられたのではなかったのか?

そして「花」の名目で、ホタルの幼虫が宅急便で送られてきていたと。

なんとまぁ…
毎年4000万円かけて、何をやっていたのか。
情けない話です。

いつからなのか?
こんな報告を聞いていると、板橋区民は、ずっと裏切られて来たのか?と、
たいへん残念に思います。

直接施設を管理していた元職員やボランティアの方たちは、では何をしていたのか?
また、区の管理責任は?
不正を見抜けたなった私たち議員も、猛省です。

25年間4000万円で10億円かけてきた事業です!
すべて、区民の税金です。

4000万円を どこにどのように使うのか。

決して小さくない予算です。
選択と集中が、今、まさに必要です。

※板橋区
「板橋区ホタル生態環境館のホタル等生息調査結果
と元飼育担当職員の報告数との乖離について(報告)」

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/…/atta…/attach_66991_1.pdf