表現の自由

2015年1月9日 19時32分 | カテゴリー: 活動報告

フランスの風刺週刊誌シャルリー・エブドのパリ本社が襲撃され、
警官も含む12人が死亡しました。

今、フランス国内各地をはじめ、海外では
「私はシャルリー」と書かれたプラカードを持って
数万人が自然にデモを行っています。

フランスは、フランス革命によって「自由」を勝ち得た国です。
フランス国旗は通称トリコロールと呼ばれ、
一説では、青は自由、白は平等、赤は博愛(友愛)を表すとも言われています。

それだけたくさんの命をかけ、血を流して勝ち取った自由への
フランス国民の意識の高さ。

日本は、昨年の12月から、秘密保護法が施行されました。
知る権利、表現の自由に制限がかけられる可能性がある、
いえ、すでに秘密とされたものも多数出ています。

本当に、それで良いのでしょうか?
私たちも、表現の自由、知る権利について
もっと敏感であるべきなのではないでしょうか?