子どもたちの居場所を守る

2014年12月4日 13時00分 | カテゴリー: 活動報告

昨年の今ごろ、新あいキッズ条例のことで、ほんとうに心を痛め、反対しました。

ちょうど1年前の今日は、義母の葬儀でしたが、夕方帰京し、ぎりぎり間に合いそうだったので
喪服のまま文教児童委員会の傍聴に入りました。

児童福祉法を根拠法とする学童保育から、待機児童をなくすという全児童対策という名のもとで、
根拠法のない新あいキッズへ変更しようという区の考え。
「同じような事業はいくつも行わない」という 「板橋未来創造プラン」
どうして大人の都合で、こどもの放課後の居場所が制限されてしまうのか?
それも指導員削減ありきで、「1億円の予算削減」と、あたかも素晴らしいことのように謳われている。

大大反対した。

しかし、自民、公明、民主の賛成で、
新あいキッズ条例は通ってしまった。

今年度4月から、区内11の学校で新あいキッズが始まった。
来年度には、区内全ての小学校で新あいキッズが始まる。

始まってしまったものに対しては、反対ばかりしていてもラチはあかない、
子どもたちが毎日通い、現場は毎日動いている。
より良い制度にすることが先決だと考えた。
視察に行って現場を見たり、事業者の話を聴いたり
担当部署にアドバイスをしたり、情報を共有したり
とにかく、子どもたちのために、少しでもよい制度にしたいという思いで来た。

今日の文教児童委員会での、児童館条例の改正は
そんな自分自身にとって、辛い判断だった。

「学童」は、「児童館条例」の中に規定されている。
来年度から、全てが新あいキッズになるための文言整理となった。
文言整理をすることで、完全に学童がなくなる。

児童福祉法に守られた 子どもたちの大事な居場所の1つだった。
居場所は多い方がいいのに、守りたかったけれど、守れなかった。
そして、最後は自分で条例の中の文言整理に
賛意を示すこととなった。

苦しいなぁ

その分も、「新あいキッズ」を さらに良いものにしなくては。

そして、変わろうとしている児童館を
「変える部分」と「守る部分」と、しっかり考えないと…

大人の都合ではなく、
子どもにとって何が大事かを一番に考え
判断していきたい。

板橋第一小学校の大銀杏