大事なことは市民が決める!~小豆沢デモに参加~

2014年10月14日 08時36分 | カテゴリー: 活動報告

昨日13日、台風19号が近づく中、
雨も風も私たちに味方してくれて、
「平和に生きる未来へ」をテーマに志村・小豆沢デモが行われ、
私も参加してきました。
台風で開催が危ぶまれたものの、それでも80人ほどの参加がありました。

地域のデモに参加すると顔見知りがいる、毎回増えていくのは嬉しいことです。

板橋区立見次公園をスタートして
私の事務所の目の前の区立平和公園までのコースです。

後半、少し雨に降られましたが、
最後はまた傘もたたみ、ゴールとなりました。

祭日に加え、台風が近づいているということもあり、
お家やマンションから顔を出す子どもたちも たくさん。

窓から、沿道から手を振り替えしてくれる方も多く
以前に比べ、沿道の方達の目差しも
あたたかくなったように思います。

このデモは、今回で7回目、区内のあちこちを歩いています
最初の高島平から、私自身は4回目の参加です。

デモをすることが悪いことだと、
勘違いしている方が まだいるかもしれませんが、
これは憲法で補償されている私たちの大事な権利です。

憲法12条には「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」とあります。

昨日歩きながら、仲間とも話をしたのですが、8月の対談でお話を伺がった、映画「選挙」の想田和弘監督も「不断の努力」についてお話していたとのことです。

「不断の努力」ほんとうに大事ですね!

そして、デモのとき、周りにいる警察は、私たちを取り締まっているのではなく、
安全に声を上げることができるように、守ってくれているのですよ。

「大事なことは 市民が決める」ののぼりを持って歩きました。

私たちのデモは、憲法で補償されていない、軍に関しての閣議決定を
勝手にしてしまった安倍さんとは違います。