大事なことは、市民が決める!白紙委任はしていない!

2014年7月2日 21時23分 | カテゴリー: 活動報告

昨夜閣議決定された「集団的自衛権」

国民にも覚悟が必要というが、
覚悟出来るだけの議論も説明もなされていない。

大事なことは私たちは市民が決めるんだ!

一人勝ちするような選挙システムの中で行われた選挙。
私たちは白紙委任したわけでも、何でもない

その時々の政府に、私たちの「命」がかかわる判断を委ねるなんて、たまったものではない。
この投票率の低さの中で決まった政府に、命を預ける気は全くない。

市民をバカにするにも程がある。

介護は削る、言葉だけ輝く女性政策、板橋区の新あいキッズを模倣した子育て政策も、板橋ではすでに事故が起きているの知らないの?
そのかわり、経済に、金目に、なんでもお金お金。
人間に一番大事なのは「こころ」だということが、忘れ去られている。

そんな政策をする政府が、命を大切にするなど、とても思えない。

閣議決定は撤回してもらうしかない。

まして、違憲の中で決定されたもの

私は、戦争に行って殺されたり、人を殺すために子どもを生んだんじゃない。
これは、男の子だけでなく、女の子だって同じだ。

他人ごとではない!

早く目から鱗が落ちますように

真実が見える目になりますように。