平和への分岐点は、今、この時

2014年6月19日 11時46分 | カテゴリー: 活動報告

沙羅双樹の花

 

W杯で楽しんでばかりいてはいけません。

W杯のニュースの陰で
本来たくさんの時間を割くべき大事なニュースが削られています。

 

18日は、介護サービスカットを柱とする法案が成立してしまいました。

そして、私たちの国が、戦争ができる国になるのか 否か、 

今、まさにその分岐点に立っています!

しようと思ったら、拡大解釈なんて
いくらでもできる!


予防原則の立場にたったら
完璧ではない人間がこの法案を持ってはいけない!

必ず人間は間違いを犯します。

 

今、イラク情勢が危うい。世界が注目しています。

アメリカは空爆を見送ると言っています。

しかし、集団的自衛権が通ったら、もしアメリカに何かあったら

日本は「はい!」と手を挙げ、当事者になってしまう可能性もあります。

 

子どもや孫の命を守ると言いながら

実際に危険を呼び寄せているのは、誰なのか、

一人ひとりがしっかり考えるときです。

 

平和は与えられるものではなく、

私たち一人ひとりが考え行動し、実現するものです。