ホタル生態環境館に関して

2014年4月4日 04時06分 | カテゴリー: 活動報告

 議事録についての一番最初にも書きましたが、

1月末に退職願を出していた元職員が、3月末に懲戒免職処分となりました。

 理由を見ると、今まで公表されていなかったことも示され、新たな驚きがありました。

  http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/060/060257.html

     職員の懲戒免職処分について(板橋区HPより)

 

 しかし、当該職員は間違いを犯したとは言え、それが全てではないと考えます。

 本当に大事なことは、

  ・実態を把握し、本来の目的に立ち返ること

  ・毎年4000万円の税金をかけてすべきことなのか?

  ・約10億円(4000万円×25年)かけて、ホタルを外の環境に戻すことができなかったこ   とをしっかり受け止めるべきであること

  ・その評価

です。

 ホタル生態環境館が、本来の目的から逸脱した状態になっているにも関わらず

それに気がつかず、職員の不正にも気がつかず、管理・取り締まることもできず

実際行われている事業内容の方向修正をしてこなかった、できなかったことが

本当の問題なのではないでしょうか?

 使われているのは、私たちの税金です。

 子ども関連、高齢者関連、障がい者関連など、

この間の10億円があったら、いろいろな施策ができたはずです。

 ホタル生態環境館のあり方も含めて、初心にもどってしっかり考えることが必要です。

 

  参考;板橋区ホタル生態環境館におけるホタル等生息調査の結果について(板橋区HPより)

    http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_oshirase/059/059497.html