イベントにも女性の視点を生かす~スフィア基準でトイレを~

2013年11月13日 17時16分 | カテゴリー: 活動報告

本日は、閉会中の区民環境委員会でした。
委員会の中で、私の質問はいつも最後なので、引出をたくさん用意しておくことが必要となります。
その一方で、他の議員の質問をヒントに、それを更に深めることもできます。

今日の報告の中に、来年の3月23日(日)に行われる予定の「板橋Cityマラソン」についてがありました。
その際の会場のトイレの設置について、質問をした方がいて、実態に合った質問で参考になりました。
私はそれに加えて、スフィア基準を入れて、女性用トイレの数に配慮をと要望しました。

女性と男性では、身体のつくりが違うため、どうしても一人にかかる時間が違います。
女性と男性で1対1 同じ数のトイレを用意したから平等、ではないのです。
ちなみに、スフィア基準では、男性1に対して、女性は3です。

マラソン大会の参加の男女構成比も参考にしながら、当日の数の配慮をお願いしたいものです。

また、普段からスフィア基準を当たり前にしておけば、災害時にも生かすことが出来ます。
災害という非常時に、平常時にできていないことをすることは、不可能です。
普段からの啓発や周知は、とても大事です。

現在、スポーツ振興課の課長は女性です。

女性の視点を生かして、更に充実したマラソン大会を運営していただけたらと思います。