女性のためのワンストップの就労支援センター

2013年11月2日 13時43分 | カテゴリー: 活動報告

10月29日、世田谷の三軒茶屋での憲法の学習会に参加しました。
その後、同じ建物に入っている「三軒茶屋就労支援センター」も見学させていただきました。10月にopenしたばかりの、新しい施設です。

憲法の勉強会の講師を務めていただいた大河原まさこさんと一緒に、
保坂世田谷区長に施設内の説明をしていただきました。

ここでは、女性の就労支援がワンストップでできるように支援をしています。
今後ハローワークも入り、ますます充実するようです。

中は明るく、お子さん連れの方でも大丈夫なように、お子さんたちが遊びながら待っていられるスペースや、ベビーカーでも、大丈夫なようにスペースも広くできています。

勉強会・講演会などができるスペースもあり、本当に羨ましくなる施設です。

ただ今、愛称募集中!こうして、区民を巻き込んでいく姿勢も、素晴らしいなぁと思いました。
保坂区長の「1年半かかりました」という言葉が胸にしみました。

でも、1年半でできたのは、素晴らしい!

先日、板橋区の若者サポートステーションを視察いたしましたが、

世田谷区のような女性のワンストップの就労支援が、板橋区内でも連携してできたらいいのにと思いました。

 全体的に、今は就労が難しい状態にあります。
その中で、女性の就労は更に厳しい状態です。
決算総括質問でも申し上げましたが、シングルマザーの8割は就労し、世界でも高い就労率です。
しかし、ほとんどが非正規雇用で、パートの掛け持ちをしている方も多いのが現状です。
子育てにかける時間も、配偶者のある女性の半分。
それでも、年間の平均収入は160万円程度との調査があります。
非正規雇用ですから、社会的保障の面でも不安定です。

 そういう方が、様々な手続き、就労支援がワンストップでできたら、
それだけでも大きなサポートになると思います。

 シングルマザー支援のための、手続きのワンストップ窓口の必要性について、
先日の決算総括質問での区からの答弁は芳しくなく、板橋区の施策は、まだまだ不十分と考えます。

シングルマザーだけでなく、女性の就労支援の充実は、今の板橋にとっても、大事なことだと考えます。