2014年度 予算要望を提出しました

2013年9月11日 19時20分 | カテゴリー: 活動報告

本日、坂本板橋区長に対して、板橋区・生活クラブ運動グループ地域協議会で、
「2014年度 板橋区予算編成にあたっての提案書」 
を提出してまいりました。
今回は、それぞれの関係者 計8人でお渡ししてまいりました。
板橋・生活者ネットワークも、この地域協議会の一員で、生活クラブ生協と政策協定を結んでいます。

 8月中旬から約1か月、ずっとこの予算要望に取り組んでまいりましたので、今日は提出でき、ほっとしました。

 予算要望は毎年取り組み、提出しており、毎年回答もいただいています。

回答の中には、既に取り組んでいるというものもありますが、こちらから見て、その取り組みがまだ足りていないと判断した場合は、再度要望いたします。

 高齢者、またその介護の問題、待機児童や子育て、教育、福祉や医療、環境、平和、原発・放射能、防災・減災、男女参画、地域経済、街づくり、地域活動、行政の透明性などなど、全部で32ページ、340項目に及びます。
これに対して、板橋区からは2月に回答をいただきます。

 地域で活動しながら、それぞれに専門性を持った目でのご意見、そして区民目線で感じたこと、困っていること、ひとこと提案という形での区民からのご意見や必要と感じたこと、区民相談の中での経験、おしゃべりサロンでのご意見、等をまとめたものです。どれも、欠かせない要望です。

今日は、区長にお渡ししながら、運動グループとしての取り組みも説明し、要望するだけでなく、自分たちでも活動をし、実現している象徴として、秋田県にかほ市に生活クラブ風車をたて、発電をしていることなどお話しました。

奇しくも今日は9月11日。大震災から2年6か月。防災においても、高齢化、地域の安全のためにも、見守り、地域のつながりの大切さなどにも話が及びました。

 私もこれらの提案が具体化され、実現されるよう、これからの政策にも盛り込み、より住みやすく安心・安全な板橋区となるよう頑張りたいと思います。

私たちみんなが住む板橋区をより良いものとするためには、区民目線でのチェックや意見は欠かせません。これからも、どうぞご意見をお寄せください。

また、今回の予算要望がどのような内容かお知りになりたい方は、板橋・生活者ネットワークに見本がございますので、どうぞ遠慮なくお立ち寄りください。

 板橋・生活者ネットワーク
http://itabashi.seikatsusha.me/blog/2013/09/11/3800/