災害伝言ダイヤルを体験

2013年1月23日 16時19分 | カテゴリー: 活動報告

2013年1月23日 

先日19日(土)に平和公園で、板橋区主催の防災フェアがありました。

板橋警察署、板橋消防署なども協力して、当日は訓練のデモンストレーションもありました。

大雪の後だったため、除雪をしても、地面は水が上がってどろどろでしたが、それもひとつの訓練だと感じました。

私は災害用伝言ダイヤル171を体験してみました。

実際かけてみると、動揺していたら、どうしたらいいのか良くわからないだろうなと感じました。最大で30秒の録音です。何を話したらいいのか、大事なことが抜けてしまいそうだとも感じました。

録音の例が書いてありましたので、参考に載せてみます。

 だれが  ○○です

 いつ   ○○日 △時です。

 どこで  ××区△△避難場所に

 だれと  ○○と×人で

 なにを  避難してきました。

 どうした ×人とも、ケガはしていません。

          家の被害もありません。

これだけのことを、言うのは、たいへんなことだと思います。

また、自分が録音したものを聞いてみましたが、低い声だと聞こえづらかったので、なるべくトーンを高くしてなるべく大きな声で録音した方がいいなと感じました。

「毎月1日、15日」は無料で体験利用ができます。ぜひ、みなさんも一度体験してみてください。

また、保存期間は最大48時間、最大10伝言まで蓄積できます。

1度録音したからずっと保存されるわけではないことも、今回初めて知りました。

 

また、webでの災害用伝言板があります。インターネットに接続できるパソコンまたは携帯電話でも利用可能です。

https://www.web171.jp  へアクセスしてください。

1伝言あたり100文字。登録件数は最大20件です。

 

今回、防災フェアをご存じない方もいらっしゃいました。

せっかくの機会、前日に開催される近辺に、車を回して宣伝をしてもいいのではというご感想もいただきました。本当にその通りです。

近くで行われる避難訓練や、防災のイベントに参加し、一人一人が防災への意識を高めていただけたらと思います。