第4回定例会議 一般質問 その2

2012年12月5日 15時48分 | カテゴリー: 活動報告

2、庁舎新南館について

 南館の改築については、先の定例会で賛成を致しました。
しかし、もろ手を挙げての賛成ではありません。
 苦しい判断の中での賛成でした。
ですから、区民にとってより良いものとすることが、大切だと考えます。

 そこで、提案を致します。

新南館にスマイルマーケットを設置することを、要望致します。

 先日の福祉大会でも、福祉作業所などが参加して、クッキーなど食品以外にも、たくさんの品目の販売をしていました。初めて目にするものもあり、その完成度や個性的な魅力に目を奪われました。
 スマイルマーケットで取り扱うものについても、対象を広げ、食品以外のものも販売することをあわせて要望致します。

 次に、福祉作業所や地域活動支援センターでは、日々の訓練の中で、絵などの作品を作り、中には賞をもらったりしているものもあります。活動をアピールするためにも、またせっかくの作品を紹介するためにも、作品を展示し、発表をする場を作るよう、要望いたします。

 1Fには食堂が入る計画となっています。板橋・生活者ネットワークでは、障がい者が就労する喫茶などを入れるよう要望してまいりました。もし、専用のスペースが確保できないとしても、障がい者の就労促進を図れるような機会や場を設けるよう要望いたします。

 また、災害時には炊き出しも可能な食堂を設置するとの説明があったと伺っています。現在もその方針は変わっていないでしょうか?
 区庁舎は、避難場所にはなっていませんが、非常時には、たくさんの人が集まると予想されます。
 また、職員は庁舎内や現場で働き、庁舎に泊りがけで仕事をすることになると考えます。その時に、自分たちの食料を自分たちで準備することは大事なことです。
また、お湯があれば、消毒にも使え、寒い時には少しのお湯が暖をとる手段にもなります。

 これから業者の選定に入るときには、ぜひ以上のことも考慮し、防災協定を結ぶなど、災害時にも対応できる契約をすべきと考えますが、いかがでしょうか?

答弁を求めます。