都市建設委員会報告 1

2012年10月5日 15時41分 | カテゴリー: 活動報告

2012年 10月3日

都市建設委員会報告 1 

本日、都市建設委員会が開催されました。
1、エイトライナーの促進協議会の実施結果について
2、都市建設委員会関係補正予算概要について
の報告がありました。 

 「エイトライナー」については、昭和61年に、大田区・世田谷区・杉並区により「新交通システム等研究会」として設立され、その後平成2年に板橋区も参画し、平成6年に「エイトライナー促進協議会」が関係6区で設立され、今に至っています。

 今年の7月に今年度の促進協議会理事会・総会が開催されたとのことですが、特に大きな進展はないようです。平成27年度に次期答申が想定されるようですが、立ち上げの時と今とでは、羽田空港までのアクセス状況も変化していますし、1兆円以上の事業費など、課題も山積というのが実情です。 

 「都市建設委員会関係補正予算概要」については、街灯整備維持経費として、4871万1千円の補正予算が組まれています。これは電気料金に要する経費です。区としてもLED化は考えているようですが、経費もかかりなかなか進まないようです。    LEDの技術は新しくなっている昨今です。これからも情報収集をすすめ、リースなども含め努力をしてほしいと要望しました。

 新たに大和町交差点に新設計画をしている(仮称)第二YUMEパークについては、環境に配慮した公園にしてゆきたいとのことでした。実際、環七と国道17号線が交わり、大気汚染ワーストの交差点です。オープンスペースは、大気汚染を緩和させる働きがあり、現在のYUMEパークができてから、かなり大気汚染が緩和されています。
 また、大きな交差点は、大災害が起きた時、帰宅困難者が多数通る場所であることを考慮する必要があり、常に防災の視点を忘れないことが大切です。しかし、このスペースは都営地下鉄のエレベーターがあり、穴を掘ったりすることは難しく、上に置くものの重量制限があります。

 常設のトイレは難しいとのことですが、いざという時に、仮設トイレを置くことや、テントを設営できるように、平場を確保するという答弁がありました。