オリンピック東京招致気運醸成事業は必要か?

2012年9月24日 17時47分 | カテゴリー: 活動報告

2012-9-21

オリンピック東京招致気運醸成事業は必要か? 

9月21日10時から、第3回区議会定例会の議案説明会がありました。 

その中の「一般会計 補正予算」の項目に、気になる項目がありました。

「公益財団法人東京都区市町村振興協会」を財源(1000万円助成)に、区でもオリンピック東京招致気運醸成事業をすることが、特別区区長会で決定したそうです。 

そのうちの200万円について、10月20、21日に行われる「板橋区民まつり」会場で、スポーツ振興課がブースを設け区民へのアピールを行うための費用に充てるようです。

私は参加していませんが、板橋区議会にも、オリンピック招致議員連盟ができました。

東京都議会、他区議会にもオリンピック招致議員連盟ができています。 

昨年、板橋・生活者ネットワークでは、大山と常盤台の街頭で区民のみなさんにオリンピック招致について賛成か反対か、シールを貼ってもらいながら、アンケート調査を実施しました。

その時の結果は、賛成・反対が半々でした。 

反対と思う人、疑問を感じる人の意見が反映されず、何が何でも招致賛成なってしまうことに疑問を感じます。 

  招致活動、議会や行政がやるべきことなのでしょうか?