地域住民の連携で安心・安全を~板橋区内消防団合同点検が行われる

2012年9月18日 13時15分 | カテゴリー: 活動報告

2012-9-16

  高島平にある東京都中央卸売市場板橋市場で行われた「板橋区内消防団合同点検」に出席してきました。
 現在、区内には、板橋消防団8個分団と、志村消防団10個分団があり、その合同の点検でした。  

勢ぞろいした各分団を点検して歩いた後、

  ①地震発生による倒壊家屋からの救出訓練

  ②家屋からの火災発生に伴う、消防団と消防署隊連携による消火活動訓練

というテーマで、地元住民も参加しての演習が行われました。 

 制服を着た子どもたちも参加していました。

大きな火災になってしまうと、消せないばかりでなく、火災による被害者も出てしまいます。火災が発生した時、被害を大きくしないために、自分たちでの初期消火がたいへん重要だということを再確認しました。

 救出訓練では、AEDを使った訓練もありました。
いつも思うのですが、処置した後に、「胸をはだけたまま」にせず、着ていた洋服をかけるなど、心遣いが欲しいと思います。
こういうところにも、女性の視点が大切だと思いました。

 このように、日々の訓練の積み重ねがあってこそ、いざという時の安全が生まれ、保たれるのだと思います。

 防災は、自分にもできることを協力して行うことが大切だと考えます。