運を逃がさないよう フタをしめましょう。

2012年3月13日 12時38分 | カテゴリー: 活動報告

 先週の金曜日(9日)、議会事務局庶務課に、トイレの便座の節電とトイレ内に節電を呼びかける紙を貼ることを提案しました。
 温水洗浄便座のフタを閉めるという簡単なことですが、私もついつい忘れてしまうことがあります。
自省もこめて、区役所内の皆さん(男性)にも呼びかけようというものです。

 今日12日夕方、こんな可愛い呼びかけが貼ってありました。

  「運を逃がさないよう フタをしめましょう」
 
 板橋区のマスコットりんりんちゃんも載っていて、わかりやすく「一日あたり15%(0,11kWh)の節電になる」とも説明が記してあります。

 区役所全体では、まだ貼られているわけではなく、議員の控え室がある10階だけのようですが(事務局庶務課が担当部署にも話をしてくれたようですが)、まずは自分たちの足元からしっかり節電することが大切だと思います。
 担当部署、区役所全庁的に、そして区内の公共施設全体に呼びかけるアクションを一日も早く起こしてくれるよう、今度は直接申し入れようと思います。

 以前、日本全国の温水洗浄便座の電気をoffにすると、原発1基分の電力が節電できるときいたことがあります。
ちりも積もれば…ですよね。
 私がこの話を聞いたときよりも、温水洗浄便座の技術も進んでいるとは思いますが・・・。
 わかりやすく説明してあるブログがありましたので、ここで紹介させていただきます。

  http://allabout.co.jp/gm/gc/58833/
 

 身近なところから、頑張り過ぎない節電をしませんか?