第2回 防災ゼミ(防災センター)

2011年11月25日 17時31分 | カテゴリー: 活動報告

 前回の11月5日に続き、第2回の防災ゼミを開催しました。
 
 前回は防災課担当課長の浅賀俊之さんに、板橋区の防災についてお話を伺いました。
とても判りやすいお話で、認識を新たにした参加者も多かったようです。
 活発な質疑応答の後、地震が来たら不安なことをテーマに、ワークショップを行いました。

 今回は、板橋区防災センターと備蓄倉庫の見学を行いました。
 初めに、板橋区庁舎3階にある防災センターを見学し、災害時どのようにするのか説明を受けました。
 区内には105ヶ所の防災無線がありますが。それを実際にを流す機械も実際に見ることができました。
 来年度、防災無線がデジタル化され、音声が聞きにくいという現状が改善される予定です。それに伴い、これから無線の実験が行われます。
 
 区内には、板橋駅近くの高層マンションと板橋清掃工場屋上の2ヶ所にカメラが設置され、区内全域をほぼ映し出すことがで、大きな画面で見ることができます。
 夜でも、どこで火災や災害が起きているかわかるように、カメラを回転させたり、ズームアップでその場所が拡大できるようになっています。板橋、志村両消防署でも画像が見られるようになっているとのことです。
 しかし、多くの高層マンションが建っている今、カメラで映しても、高い建物の陰などは死角となってしまい、一度に数ヶ所で火の手が上がったときも、追いきれません。
 その対策が課題となります。