このたびの東日本関東大震災

2011年3月15日 18時13分 | カテゴリー: 活動報告

 このたびの東日本関東大震災
 長野県北部を震源とする地震により
 被災された皆様に
 心よりお見舞い申し上げます

 また、昨日予定されていた「五十嵐やす子と未来への集い」は、地震の影響を考え、前日急遽中止を決定いたしました。参加のお知らせをいただいていた方には、お電話で中止をお知らせし、このHPにもお知らせを載せておりましたが、昨日直接会場にお越し下さった方も何人もいらっしゃったようです。連絡が行き届かず、誠に申し訳ございませんでした。

 昨夜になって、東京電力から計画停電が発表され、その地域も混乱し、今朝は早朝から板橋区の防災アナウンスで板橋区の一部も停電する可能性が大きいことがアナウンスされています。
 
 昨夜の菅首相の国民への協力を訴える放送を見ながら、つい先日、私が日記に書いた「手話」でのお知らせが取り入れられていました。こういう時こそ、みんながわかるように伝えることの大切さ、必要性を感じました。

 実は、昨日「集い」に参加予定の方が、事務所に寄ってくれました。
先日、私に手話の必要性を教えてくれた方です。
その方は、丁度地震のときに用事があってホテルの催事場にいらしたそうです。こういう時こそ、手話で・・・と思ったそうですが、勇気がなくてできなかったと、反省していらっしゃいました。その言葉に、私は感動しました。
 でも、ホテルの従業員の中にも、手話で情報を伝えている人は見当たらなかったそうです。

 私は、地震の日に自宅に帰ったら、テレビがつかず、ケータイサイトで情報を得ながらも、思うように情報がなくて、とても不安でした。正確な情報を得ることの大切さを痛感しました。

 実は、宮城蔵王に住む母とは、まだ連絡が取れていません。いろいろな形で情報を集めてはいるものの、まだ何もわからない状態です。

 時間が進むにつれて、被害の甚大さがますます明らかになり、余震も続き、原発の状態にはますます心配になります。また生活にも、大きな影響が出ています。
 どうぞ みなさまお気をつけて、そしてこういう時だからこそ、いつも以上に助け合っていくことが心の安心につながります。