若いお母さんの涙

2011年2月1日 16時08分 | カテゴリー: 活動報告

 今日は、若いお母さんとお話しをする機会がありました。
 
 いろんなお話をしました。
 代理人運動のお話、活動のこと、板橋区の小さなお子さんを持つお母さん向けの冊子「すくすく」の編集のこと、そして板橋区の「すくすくカード」のこと。
 私が、すくすくカードをもっと使いやすくしたいと話すと、そこから話が広がって、1人目の子育てには感じなかった大変さを、2人目を出産してから感じていて、母親が感じている子育てのたいへんさと、父親の子育てに対する気持ちに大きな差があることなどに話が進みました。そして、そのお母さんの目からは、ぽろりと涙がこぼれました。
 私が「子育てが孤独の孤を書く『孤育て』にならないようにしたいのよ」というと、「本当にそうです」と、大きくうなづいてくれました。

 私も子育てをしながら、自分の思う理想と現実のギャップや孤独感に、もがき苦しんだ経験があります。だから、この若いお母さんの涙が、とても他人事に思えませんでした。もう、こういう涙を流さずに済むような子育てができる板橋にしてゆきたいと 強く思いました。