北風と待機児童

2011年1月19日 18時01分 | カテゴリー: 活動報告

バケツの氷
バケツの氷
  今朝は、東京でこの冬初のマイナス1.1℃を記録しました。冷たい北風の中、現職の横山れい子さんと一緒に、新しいレポートをお届けしました。

  事務所の近くにできたカフェ。
  でも、日曜日だけの営業とのことで、
  あまりの寒さに 初めて飛び込みました。

  注文したカプチーノ、カフェオレを若いご主人が煎れてくれるのを待ちながら
  いろいろお話をしていると、保育園のお話になりました。
  
  0歳児の赤ちゃんを保育園に預けたい。
  しかし、板橋区の待機児童は、都内ワースト2!
  横山さんに区の保育事情を聞きながら、ご主人も私も、現状に驚きました。
  まさに、待機児童の問題に直面 というひと時でした。

  それでなくとも不況の今、夫婦で働きたいというご家庭も増えています。
  待機児童を減らし、女性も生き生きと仕事ができ
  収入も安定し、安心して子育てができる・・・
  こんな当たり前のようなことが 当たり前にできる社会を実現してゆく。

  このあったかいカフェオレやカプチーノのように
  みんなが幸せに笑顔でいられる社会にしたいと思いました。