座談会参加

2010年12月20日 14時06分 | カテゴリー: 活動報告

自治体の未来(将来像)を描くのは市民 

シーズの林代表と 
シーズの林代表と 
 今日は、コーディネーターに林泰義氏(特定非営利活動法人シーズ代表)を迎え、座談会に参加してきました。
 「自治体の未来(将来像)を描くのは市民〜基礎的自治体を公益市民活動団体に〜」というテーマ。

 難しいテーマを与えられ、勉強不足を痛感しつつ、いろいろと調べたり資料を読み、前日寝たのは午前3時すぎ。
緊張しながらの参加でした。
 
 対談の中で、自分は何をしたいのか、どんなことに目を向けたいのか、何が足りないのか、など 考えを深める良い機会となりました。 そして、自分ではいろいろ考えていても、いざ口にすると漠然としたものに思えたり、思いをうまく説明できないもどかしさ・・・
 
 もっと自分の思いを、相手にきちんと伝えるには? 
今回は、良い課題をいただきました。
 ころんだり、つまづいても、ただでは起きない私です。

 伝えるためには、もっと考えを深めること、
いろいろな方の思いを聞くことが必要と考えます。
 これからの出会いの中で、これらのことを大切にしながら、
課題をクリアできるよう努力したいと思います。

 この座談会は、『生活者通信』新春号として
購読者の方々に届く予定です。 
 
 どうぞ お楽しみに。